Ccr5アンタゴニストとして有用なピペラジン誘導体

Abstract

次のコア構造式(I)(AA)を有するHIV、固形臓器移植拒絶、移植片対宿主疾患、関節炎、関節リウマチ、炎症性腸疾患、アトピー性皮膚炎、乾癬、喘息、アレルギーまたは多発性硬化症の治療のためのCCR5拮抗薬が特許請求される。本発明の別の態様は、固形臓器移植拒絶、移植片対宿主疾患、炎症性腸疾患、関節リウマチまたは多発性硬化症の治療において有用な1つ以上のその他の剤と組み合わされた本発明の式IまたはIIのCCR5拮抗薬の使用である。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (2)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2002543185-ADecember 17, 2002シェーリング コーポレイションCcr5アンタゴニストとして有用なピペラジン誘導体
      JP-2004524360-AAugust 12, 2004シェーリング コーポレイションSchering CorporationCcr5アンタゴニストとして有用なアリールオキシム−ピペラジン

    NO-Patent Citations (4)

      Title
      JPN6011056927; 久保田和彦他: 薬理学テキスト 第2版1刷, 19870525, p.445-456, 460-463, 廣川書店
      JPN6012022933; Jayaram R. Tagat et al: 'Piperazine-Based CCR5 Antagonists as HIV-1 Inhibitors. IV. Discovery of 1-[(4,6-Dimethyl-5-pyrimidin' Journal of Medicinal Chemistry Vol.47, No.10, 2004, p.2405-2408
      JPN6012022934; 医薬品の臨床薬物動態試験について , 20010601
      JPN6012022935; 非臨床薬物動態試験ガイドラインについて , 19980626

    Cited By (1)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      JP-2015518957-AJuly 06, 2015リチャード ジー. ペステル, リチャード ジー. ペステルがんの治療のためのccr5の修飾薬の使用